Procmailによるメール転送

/home/ユーザー名/.procmailrc を作成することによりメール転送が可能
chmod 600で自分以外は読み書きできないようにする

# ①ロックファイル名を指定
LOCKFILE=$HOME/.lockmail
# ②メールを保存するディレクトリを指定
MAILDIR=$HOME/Maildir/
DEFAULT=$MAILDIR
# ③ログファイル名を指
LOGFILE=$MAILDIR/procmail.log
# ※①~③は必要なければ省略可
# 以下条件の記
## エラーメールの処理を記述していないとループの発生がありえる
## メール着信 → メール転送 → 即座にエラーとされないで後で返送された場合
## 再度転送しようとして、どうどうめぐりになる
## 仮想ドメインの処理などで即座にエラー判定されないで、容量超過などで
## 一度相手が受けてからエラーで戻された場合に、ループになる。
## 以下はエラーメールの処理設
## エラーメールを破棄。別のアドレスに転送してもいい。
:0
* ^From: .*MAILER-DAEMON
/dev/null
* ^From: .*postmaster
/dev/null
## ループ防止
:0
* ^X-Loop: ml@xxx\.com
/dev/null
## 別のメールアドレスへ無条件に転送 c はコピーを保
:0 c
! xxx@yyy.co.jp

この記事へのコメント